二度寝を防止する方法

「せっかくの休日なのに、二度寝したせいで昼まで起きられなかった」、こういった経験をしたあとに「どうやったら二度寝は防止できるのか?」を考える方は多いと思いますが、大切なことがひとつあります。
それは、「苦痛をともなう方法で二度寝を防ぐのは、やめた方がいい」ということです。
たとえば、目覚まし時計をたくさん用意しておいて、時間差で鳴らす。目覚まし時計を遠くに置いて、ベッドから出ないと止められないようにしておく。やらなくてはならないことのリストを枕元に置いておく。このようなことをしても疲れるだけです。朝目が覚めたばかりのときは、身体も脳も完全には覚醒していない「無防備状態」です。
そんな状態で余計なストレスを受けてしまうと、快適に目を覚ますことができなくなります。ポイントは、脳をうまく刺激することです。朝目が覚めた後、脳が休息モードから活動モードに切り替わるには時間がかかります。
そこで、外部から心地良い刺激を与えることによって脳を覚醒させて、活動モードに早く移行してしまえば、二度寝を防げるということです。
ラヴォーグ 心斎橋