いろいろな方法で銀行の振込手数料を無料にすることが可能に!

銀行の振込手数料を無料にする方法ですが、今では様々な方法があります。
大手の銀行だったら、ある程度の条件をクリアすれば、振込手数料が無料になります。
たとえば、預金残高やサービスの利用度合いなどで無料になるケースが多いです。銀行によっても無料になる条件は様々ですが、たとえば、一般的な都市銀行・メガバンクと比べて、新生(旧長銀)住信SBIネット銀行・じぶん銀行・楽天銀行・ソニー銀行は、インターネットバンキングに特化し戦略的に振込手数料を安く設定しているように伺えます。
特に注目するのは 住信SBIネット銀行です。月3回までという限りはありますが、他行宛ての振込手数料が無条件で無料ということです。また、新生銀行 は無条件での振込手数料無料は月1回ですが、最大10回まで預かり資産によって増やすことが可能です。新生銀行は定期預金の利率が良く、トータルで使い勝手のよい銀行といえます。
やはり一番オススメなのは住信SBIネット銀行でしょうか。店舗は有りませんが各種ATM利用料も無料ですし、預金の金利も高く総合的に見てベストだと思います。新生銀行もATM手数料が無条件でいつでも無料なので使い勝手は良いです。ただ、やはり振込手数料の無料回数がデフォルトでは1回までなのでそこが厳しいです。
あと、野村信託銀行の月30回の無料はインパクトが有るので、個人事業主の人とかでよく振込みをしなければならない人にオススメです。
また、auユーザーなら間違いなくじぶん銀行は選択肢の1つになるかと思います。以上、銀行によりますが、条件をクリアすれば、振込手数料が無料になるケースが多いです。
シースリー 自由が丘