作業

車のエンジンのマニュアルトランスミッションについて書いていきます。

この間にあるトランスミッションは普段は密着した状態にあり、直接エンジン側と変速ギア側が直結しています。このような状態をクラッチが繋がっているというふうにいます。このままの状態でギアを変えるとギアが傷ついてしまい、ともするとだめになってしまいます。それを防ぐためには、クラッチペダルを踏み込んで、エンジンからの強い回転力を遮断する必要があります。そしてギアを自由な状態するわけですが、それをクラッチが切れた状態というふうにいます。クラッチが切れた状態でギアを切り替えるわけですが、いきなりつなぐと車がぎくしゃくとした不安定な動きになってしまいます。そのため、エンジン側とギヤ側のクラッチ盤を徐々に滑らせながら回転速度差を合わせて接続していくということによってスムーズな駆動力の伝達を行って行きます。マニュアルトランスミッションにはそのような作業が必要となってきます。車買取 和歌山