化学合成されたゴム

車のタイヤについて書いていきます。車のタイヤはどのようにして作られているのでしょうか。

もちろん天然のゴムでは作られていません。なぜなら、天然のゴムを使ったならば、夏はねばねば、冬はひび割れてしまい全然使い物にならないからです。そこで、タイヤは石油を原料とした化学合成のゴムが作られるようになりました。化学合成されたゴムということで、コンパウンドという負になるわけです。コンパウンドの種類は100~200はあります。夜中のコンパウンド集めたならば1000種類以上あるということができます。どうしてそのように沢山作られたのでしょうか。それはグリップは良くても減りが早いとか、高速で走って熱を持っても大丈夫なんだけども、グリップが良くないとか、化学合成のコンパウンドにも一長一短があるからです。そのため沢山のコンパウンドが作られていました。最近はとても性能の良いコンパウンドが作られているようです。車買取 長岡