初めて訪れた弁護士事務所

普段の生活ではあまり関係がないと思っていた弁護士事務所。

しかし今回悩みに悩んだ末、離婚の相談をしようと決意しいざ予約をと意気込み電話しました。自分では勇気を出したつもりでも電話はものの5分程度。

「わかりました、ではおまちしています。」なんとも簡単に予約できいざ訪問することになりました。今まで利用したことがない私にとって着ていくもの・持っていくものはあるのかあたふたしてでかけると、「どうぞ。」と事務のかたの対応で通された部屋は病院の診察室のようなお部屋でした。

花も飾っていて誰かのおうちみたいでした。弁護士っていうと堅物なイメージで上から目線でこわいかもと思っていましたが、私の担当の方は、同年代のおっとりタイプ、そしてフレンドリーな感じに初めは、大丈夫かと思ってしまいましたが、離婚の話の中で親権や財産分与になると本領発揮、紙にテキパキ記載しわかりやすく説明していただきその際の自己破産のメリット・デメリット分を書き出していただきました。

そして私の立場から「こうしたほうがいいですね。それは大変でしたね。」とまるで自分の味方ができたような気持になり離婚に自信が持てました。また今ある期間でこうしておくといいですよなど、アドバイスももらい、「頼れる。」と本当に思いました。

離婚について不安に思っていた私は家族などに相談はしたものの、自分勝手な思いではないか、我慢が足りなのではないかいろいろ自問自答していたからです。もちろん法律の立場からの意見ですが、私にマイナスな状況も話していただき怒りだけでは離婚はできないこともわかりました。

急がずじっくり相談しながら考えていくことになりその日は帰りました。今はまだ離婚を切り出していませんが、いざそうなっても私には味方いると変な自信をいただきました。