三菱ランエボ10(SST車)で通勤・ドライブで乗ってます

ランエボ10のTC-SST車に乗ってます。走行距離は約8万キロほど乗っています。数少ない4ドアで四駆のスポーツセダンです。

4ドア四駆のスポーツカーは国内ではWRXSTIとランエボくらいしかなく、ランエボはマニュアルではなくSST車なのでオートマ限定免許でも運転できるスポーツカーなのでマニュアル免許ない人でも気軽に乗ることができて、パドルシフトもついているので運転していて楽しい車です。また、四駆なので雪道でも安心して運転することができます。
初めて買った車なので乗り心地はあまりわからないのですが、スポーツカーにしては車内が静かなような感じです。車内もスポーツカーにしては思ったよりも広いです。座席は運転席・助手席ともにレカロシートが装備されているので長時間の運転も苦痛ではなく、長距離ドライブにも適しています。

ノーマル車でも加速はよく、重い車体を感じさせないほどの加速でちょっとアクセルを踏むとすぐ100キロを超えます。高速走行時での安定性もあり、100キロ以上のスピードでもハンドルがぶれることなく安心して乗ることができます。街乗りではだいたい60キロで6速なのであまりいくことはないですが、特に2000~4000回転での加速がすごいです。
SSTをスポーツモードに切り替えるとだいたい4000回転くらいで変速するので高速の合流や追い越しするときなど少し加速したいときに便利です。また、下り坂等でのエンジンブレーキを使いたいときにも使用できます。Sスポーツモードはレッドゾーンぎりぎりで変速するので、街乗りでは全然使うことはないと思いますが、サーキットを走るときなどに適しています。

現在はマフラー、触媒、センターパイプを社外パーツをつけていますが、そこだけ付け替えてもノーマル車とは全然違うのでおすすめです。
燃費は街乗りでリッター11キロくらいで高速だとリッター約15キロほどなのでスポーツカーにしては燃費がいいほうだと思います。