姑の嫌味がストレスで不妊症になった?

結婚して2年間子供ができませんでした。焦るのです。何と言っても姑の限りなくイジメに近い嫌味が毎月浴びせられる。洗濯物を欲していると「あれ、またきたのかい」と嫌味タラタラだ。なんだか離婚したくなってきた。

田舎に嫁いで一番気になるのは、村社会ならではの人間関係である。人間の移動はまずない。よって、見知らぬ街からやってきた嫁は子供を産んで地域社会にとけ込めるかをみている姑がいる。

これが極め付けに嫌だった。結婚して2年がたつが未だに子供はできない。すると、姑は息子である夫に「ちょっと、子作りしてるけ?」と聞いてくる。夫も「励んでますけどできないから仕方ないさ」と返答している。

はっきりいうが、妊娠できないのは姑の顔をみるとストレスを感じるからだと今も思っている。冷静に考えてみた。姑の顔をみているとまじでストレスがたまる。毎月言われる嫌味からかもしれない。夫が長期出張で大阪にいく。75日の出張なんてあるのだろうか。

でも、これはチャンスと思って夫の出張に同行することにした。私はホテルの洗濯機で洗濯してバスルームに干してから、大阪を起点に旅をした。夫のホテルへの帰宅は毎日深夜だ。

夫も私がいてくれて助かっている感じだ。ストレスが緩和されたのだが、私のお腹の異変に気が付いた。内科に行ったら婦人科に行ってと紹介された。婦人科での検診結果に私が驚愕したのだ。

「子宮が普通の人より小さいですね。生理不順もあるとのことですが、生理不順を解消しないと妊娠出来ませんよ。」この言葉に頭を打ち砕かれた感じだったが、幸いに大阪大学付属病院でみてもらい適切に処置してもらった。

オーバーホール完了した感じ。でも、ダメなんだよ。生理不順が解消しない。最後の望みでサプリを飲んでみた。生理不順を解消するために飲むサプリに期待が膨らんだ