サプリメントを販売する時の資格について

サプリメントを使う人が多くなるにつれて、サプリメントの販売店も多くなっていると言われています。もしもサプリメントを販売したいという場合は、サプリメントアドバイザーという資格がありますが、なくても販売業はできます。民間資格であるサプリメントは、国から決めたものではなく、健康食品やサプリメントについての助言をするための資格となっています。

サプリメントを販売する側の人でも、サプリメントアドバイザーではないこともあります。サプリメントを買う側の人からすれば、サプリメントアドバイザーの資格所有者からのアドバイスなら、心強いでしょう。日本には、日本サプリメントアドバイザー認定機構が認定したものと、日本ニュートリション協会が認定したアドバイザー資格があります。両方とも、資格の名前はサプリメントアドバイザーですが、認定の基準や受験のやり方は異なっています。サプリメントを販売する人のための資格という点では同じものですから、自分にとって都合のいいほうのサプリメントアドバイザーを取りましょう。これからサプリメントを販売したいというものがある人は、どんなサプリメントを販売したいかを考えた上で、資格の内容と照らし合わせて取るとより効的な使い方ができるでしょう。自分が扱っているサプリメントの傾向と、資格ごとの内容を照らし合わせた上で、より近い内容のものにすると、活用の幅が広がります。サプリメントの販売は、法律の範囲内の行動ならば、誰にでもできます。利用するシーンに適した資格を選択し、よりよいサプリメントを販売するようにしていだきたいものです。
http://www.jorgestuff.com/