看護師への夢

時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。
看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。

普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、時間通りに帰れないということはよくあるのです。
それでも、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。
さっきまで愚痴っていた人が打って変わって笑顔になるのです。

でも私は、看護師になろうと思っていました。
ですが・・色々と事情があって就職し、会社員として働くことになりました。

それでも、夢を諦められませんでした。無資格でも看護関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、
迷っていたところ、看護助手として勤務しながら資格も取れるそうなのです。子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。

ナース転職