京都へ春の醍醐寺観光に行ってきました

京都通の職場のお姉様たちと一緒に、京都観光に連れて行ってもらいました。交通手段は車で片道4時間強。日帰りという強行軍です。朝は3時半集合。まだ辺りは真っ暗でした。

高速を飛ばして滋賀の大津PAで皆で朝食を摂ります。初めてだったので琵琶湖も眺められてラッキーでした。

京都に着いたのは午前中の9時ごろ。春先で観光地は混雑していましたが、車なので移動の自由はききますし、渋滞にはまったりすることはなく快適な旅でした。

まずは醍醐寺です。4月頭の桜の盛り。お姉様のお勧めで連れて行ってもらいました。「醍醐味」の由来となった桜の花は満開を少し過ぎたくらいの咲き加減です。秀吉が贅を尽くした花見を行ったのが有名だそうです。

その名の由来は伊達じゃありませんでした。立派な桜で息を飲みました。休日だったので朝から観光客も多かったのですが、それでも午前中だったためか桜はゆっくり見ることができました。

メインは枝垂桜でしたが、他にもいろいろな種類の桜があってそこかしこが薄紅色。春の京都はなんて綺麗なのだろうと息を呑みました。

その他にも、東本願寺や京都タワー、どうしても買いたかった縁寿庵清水の金平糖も自分用に買いました。

あちこち見ましたが春の醍醐寺の桜の印象は強く、本当に美しかったです。

京都の貸切バスが送る京都観光体験記
http://kyotokashikiribasu.web.fc2.com/
京都市の観光地を知り尽くす貸切バス会社による観光サイト。どこに行って良いか迷っているならおすすめです。

同サイト運営のプレジェンド観光バスは小型から中型の貸切バスを保有する会社です。なぜ大型を保有指定なのかは京都市の道の狭さによります。

仮に大型があっても京都市内の狭い道では活躍できない場合があるのです。観光地によっては駐車場まで近づけず遠くに停車して徒歩で向かってもらうなんてこともあり得ます。若者ならまだしもお年寄りには大変なこともあります。

また、車椅子で乗降できるリストバスを保有しているのもプレジェンド観光バスも魅力です。足が不自由で観光を諦めていた方にもおすすめできる貸切バス会社なのです。

せっかくの京都旅行をゆったり廻ってもらう為に小型、中型の貸切バスは本当におすすめです。

もし、予定日が決まっているなら一刻も早く当日の予約状況を確認してみた方が良さそうです。何しろ京都は年々外国からの観光客が増加傾向にあり、バスの予定も埋まりがちなのです。

特に花見や紅葉などのトップシーズンは通常よりも早く予約が埋まるので早め早めの対応が大切です。

まずは料金を知りたいって方は電話、FAX、メールにて貸切バスのお見積もりを受け付けているので、自分の好きな方法でどうぞ。

京都市内の貸切バス会社をお探しならプレジェンドがおすすめですよ。